東和宏 公認会計士・税理士事務所

信和税理士法人 公認会計士・税理士事務所へ お気軽にご連絡ください。

信和税理士法人 公認会計士・税理士事務所へ お気軽にご連絡ください。

日本政策金融公庫が28日に発表した「中小企業の事業承継に関するインターネット調査」結果(有効回答数4759社)によると、中小企業の事業承継の見通しは、後継者が決まっており後継者本人も承諾している「決定企業」は12.5%にとどまり、後継者が決まっていない「未定企業」が22.0%、「廃業予定企業」が52.6%と5割強を占め、「時期尚早企業」が12.9%となりました。

 

業種別で「決定企業」の割合が「全体」と比べて高いのは「宿泊業」(38.2%)、「不動産業」(25.3%)、「物品賃貸業」(24.2%)など。一方で、「情報通信業」(6.6%)や「小売業」(9.7%)、「飲食サービス業」(9.9%)は一ケタ台にとどまる。一方、「廃業予定企業」の割合は、「専門・技術サービス業、学術研究」(63.3%)、「娯楽業」(62.3%)、「飲食サービス業」(62.1%)などで高くなっています。

 

従業者規模別にみると、「決定企業」の割合は「1~4人」の6.8%が、「5~9人」では22.0%に高まるものの、10人以上のいずれのカテゴリーでも20%台にとどまっています。また、「未定企業」は「50~299人」で50.7%と過半数を占める。一方、「廃業予定企業」は「1~4人」では66.9%を占めているものの、「5~9人」では34.9%、「10~19人」では17.6%と、規模が大きくなるほど割合が低下しています。

 

「廃業予定企業」の同業他社と比べた現在の売上状況は、「増加傾向」が5.3%、「減少傾向」が53.8%となっており、「廃業予定企業」ではほかの類型に比べて業績が劣る企業の割合が高くなっています。今後10年間の事業の将来性についても、「廃業予定企業」では「事業を継続することはできるが今のままでは縮小してしまう」が35.5%、「事業をやめざるをえない」が27.0%と、将来性が見込めないとする企業の割合がほかの類型よりも高くなっています。

 

現在の年齢別の類型分布をみると、「39歳以下」、「40歳代」では、「時期尚早企業」がそれぞれ57.7%、38.0%と、最も高い。「50歳代」では「廃業予定企業」が49.4%と最も割合が高く、さらに「60歳代」(57.1%)、「70歳以上」(59.1%)では半数を超えています。一方、「60歳代」で22.7%、「70歳以上」で20.7%の「未定企業」が存在していることも注目されます。

 

なお、「決定企業」の後継者候補をみると、「長男」が45.2%、「役員・従業員(親族以外)」が16.3%、「長男以外の男の実子」が10.1%、「その他の親族」が8.8%などとなっています。2015年調査と比べると、子どもの割合が高い傾向は変わりません。一方、「長男」の割合が低下し、「その他の親族」、「役員・従業員(親族以外)」の割合が上昇するなど、子どもや親族以外への承継が増えていることがうかがえます。

最新の記事

一覧表示

2019/7/10

「粉飾」

2018/4/05

経理とは

2018/2/19

医療費控除

2016/10/28

NISA

2016/10/23

ハロウィン

2016/10/10

記念日

2016/9/30

売上の計上

2016/9/07

論語と算盤

2016/7/29

消える職業

2016/7/13

LINE上場

2016/6/27

英EU離脱

2016/6/04

法人番号

2016/5/22

心に残る言葉

2016/4/13

軽減税率

トップに戻る