東和宏 公認会計士・税理士事務所

信和税理士法人 公認会計士・税理士事務所へ お気軽にご連絡ください。

信和税理士法人 公認会計士・税理士事務所へ お気軽にご連絡ください。

2016

6/04

法人番号

今年に入ってからマイナンバーの運用が順次開始されていますが、カードの発行が遅々として進んでいないですね。さて、会社などすべての法人にも「法人番号」が割り振られていることをご存知でしょうか?

 

法人番号は、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現する社会基盤で、次の4つの目的があります。

 

  1. 法人その他の団体に関する情報管理の効率化を図り、法人情報の授受、照合にかかるコストを削減し、行政運営の効率化を図ること。(行政の効率化)
  2. 行政機関間での情報連携を図り、添付書類の削減など、各種申請等の手続を簡素化することで、申請者側の事務負担を軽減すること。(国民の利便性の向上)
  3. 法人その他の団体に関する情報の共有により、社会保障制度、税制その他の行政分野における給付と負担の適切な関係の維持を可能とすること。(公平・公正な社会の実現)
  4. 法人番号特有の目的として、法人番号の利用範囲に制限がないことから、民間による利活用を促進することにより、番号を活用した新たな価値の創出が期待されること。(新たな価値の創出)

 

法人番号の具体的な活用方法については下記をご覧ください。

https://www.nta.go.jp/mynumberinfo/houjinbangou/kuwasiku.htm#k06

http://www.nta.go.jp/mynumberinfo/houjinbangou/pdf/houjinbangou_rikatsuyou.pdf

2016

5/22

心に残る言葉

仕事柄、様々な経営者の方と話をしますが、皆さん大なり小なり悩みや不安、心配事を抱えています。

会社のこと、従業員のこと、家族のこと、社会のこと、世の中のこと・・・もちろん、私自身もその一人ですが。

そんな時、この言葉を思い出すようにしています。

 

過去は 悔やむものではなく 学ぶもの

現在は 悩むものではなく 生きるもの

未来は 恐れるものではなく 築くもの

 

どこで聞いたかは忘れましたが、迷ったとき、悩んだとき、どうしようもないときはこの言葉を思い出します。

自分自身のこれまでの歩みを見つめ直し、今現在を客観的に把握することで、自ずから将来進むべき道が見つかるはずです。

 

実はこれ、「会計(Accounting)」と「財務(Finance)」の役割そのものではないかと考えています。

最新の記事

トップに戻る