東和宏 公認会計士・税理士事務所

信和税理士法人 公認会計士・税理士事務所へ お気軽にご連絡ください。

信和税理士法人 公認会計士・税理士事務所へ お気軽にご連絡ください。

国税庁は8月25日、相続税申告書を作成するに当たり誤りやすい項目について事例形式で紹介した「相続税の申告書作成時の誤りやすい事例集」をホームページ上に掲載しました。
事例集には、申告書第1~14表中における誤りやすい事例として、「被相続人と養子縁組を行った孫がいる場合(基礎控除)」、「支給されていなかった年金を受け取った場合」、「被相続人以外の名義の財産(預貯金)」など14事例が掲載されており、それぞれ間違って記載した明細書・計算書等の下に正しく記載した明細書・計算書等を掲載するレイアウトを用いて、分かり易く見やすいものになっています。

 

相続税の申告書作成時の誤りやすい事例

一覧へ

最新の記事

一覧表示

2016/10/28

NISA

2016/10/23

ハロウィン

2016/10/10

記念日

2016/9/30

売上の計上

2016/9/07

論語と算盤

2016/7/29

消える職業

2016/7/13

LINE上場

2016/6/27

英EU離脱

2016/6/04

法人番号

2016/5/22

心に残る言葉

2016/4/13

軽減税率

トップに戻る