東和宏 公認会計士・税理士事務所

信和税理士法人 公認会計士・税理士事務所へ お気軽にご連絡ください。

信和税理士法人 公認会計士・税理士事務所へ お気軽にご連絡ください。

平成30年度税制改正に向けて、生命保険協会が保険料控除引上げを要望しています。

 

少子高齢化の急速な進展やライフスタイルの多様化など社会環境が変化する中、持続可能な社会保障制度の確立と国民生活の安定に資するために、同協会では国民の自助・自立のための環境を整備する観点から、生命保険料控除制度については社会保障制度の見直しに応じて、現行制度を拡充することを要望しました。

具体的には、所得税法上、地方税法上の生命・介護医療・個人年金の各保険料控除の最高限度額を、少なくとも5万円および3.5万円とすること。また、所得税法上の保険料控除の合計適用限度額を少なくとも15万円とすることを要望しています。

 

平成30年度税制改正に関する要望

 

今年は10月に総選挙がありますが、年末にかけて平成30年度税制改正が取りまとめられます。

最新の記事

一覧表示

2016/10/28

NISA

2016/10/23

ハロウィン

2016/10/10

記念日

2016/9/30

売上の計上

2016/9/07

論語と算盤

2016/7/29

消える職業

2016/7/13

LINE上場

2016/6/27

英EU離脱

2016/6/04

法人番号

2016/5/22

心に残る言葉

2016/4/13

軽減税率

トップに戻る