東和宏 公認会計士・税理士事務所

信和税理士法人 公認会計士・税理士事務所へ お気軽にご連絡ください。

信和税理士法人 公認会計士・税理士事務所へ お気軽にご連絡ください。

全国の税理士や税務実務関係者が注目していたであろう判決が2016年4月22日に東京地裁で言い渡された。

 

沖縄の某泡盛会社役 員給与及び役員退職給与について、「不相当に高額な部分の金額」があったか否かの判断が争われた事件で東京地裁(舘内比佐志裁判長)は、給与については類 似法人の最高額を超える部分は不相当に高額であると判断したが、退職給与に ついては法人の経営や成長等に相応の貢献があったと認定、比較法人の平均額を超える部分が不相当に高額とは言えないと判示した。

 

ここでは詳細な説明は省くが、「不相当に高額な部分」というのは絶対的な答えがないものなので納税者、課税庁側両方にとって非常にリスキーで理論武装が非常に重要だと改めて感じた。

最新の記事

一覧表示

2016/10/28

NISA

2016/10/23

ハロウィン

2016/10/10

記念日

2016/9/30

売上の計上

2016/9/07

論語と算盤

2016/7/29

消える職業

2016/7/13

LINE上場

2016/6/27

英EU離脱

2016/6/04

法人番号

2016/5/22

心に残る言葉

2016/4/13

軽減税率

トップに戻る